保健

7月を迎えて

梅雨のこの時期、晴れると暑く、雨だと肌寒い日もあり、体の調子も今ひとつな感じがします。子どもたちも少し体調を崩し始めているようです。早寝の十分な睡眠とバランスのとれた食事で乗り切りましょう!
夏の感染症が流行する時期になりました。予防は手洗い・うがいが基本です。
高熱や発疹・発赤、目や喉に異常を訴えるときは早めに受診してください。

6/14歯科検診

6/14に歯科検診が終わりました。今回も山本先生に診て頂きました。受診率は99%で、虫歯保有者は昨年より幼児でやや増え、乳児(0~2歳児)は0%、幼児(3~5歳児)は13%、全体で7%でした。昨年度より4%増え、虫歯保有者には複数の虫歯がある傾向にありました。
今後も親子で楽しく毎日の歯磨きをすることと、定期的な歯科受診をお願いします。
また、小学校低学年くらいまでは、大人が仕上げみがきをしてあげて下さい。

山本先生のご厚意で、クリニックに歯磨き指導を受けたいと予約してくれればいつでもして下さるそうなので、一度行ってみてはいかがでしょうか?予約時に尾山台保育園とお伝えください。山本歯科クリニック 03-3705-8148 木曜・日・祝日休診

夏に流行る病気

1、 咽頭結膜熱(プール熱)潜伏期間:5~7日

主な症状:高熱(38~40℃)、咽頭炎、結膜炎に伴う結膜充血 登園の目安:発熱や喉の痛み、結膜炎の症状が消え、2日経過してから 登園許可書が必要です

2、ヘルパンギーナ 潜伏期間:2~7日

主な症状:高熱(38~40℃)、咽頭痛、口腔内に水疱ができる 登園の目安:発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること 登園許可書は不要ですが、医師による登園許可が必要です

3、手足口病 潜伏期間:3~6日

主な症状:手のひら、足の裏、おしり周り、口の中を中心に小さな水疱ができる 登園の目安:口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること 登園許可書は不要ですが、医師による登園許可が必要です その他、流行性結膜炎(はやり目)、リンゴ病、水いぼ、とびひ、頭ジラミなどにも注意しましょう。 予防は手洗い・うがいが基本です!

プール(水遊び)について

6月中旬に保健より水遊びの注意点についてのプリントを配布しました。
各クラスからも注意点や持ち物等を記載したプリントが配布されていると思いますので、よく読んでください。