保健

9月を迎えて

少し暑さが和らいだと思ったら、残暑が厳しい日もまだまだありますね。夏の疲れが出て体調を崩しやすくなる時期です。生活リズムを整えて、残暑を乗り切りましょう。世田谷区内では風疹とRSウイルスが増えています。MRワクチンを打っていない方は早めに計画してくださいね。慌ただしい朝のひとときですが、お子さんの表情・食欲など健康チェックよろしくお願いします。

生活リズムと健康 ―早寝・早起きは健康の基本―

生活リズムが整っているときは、自律神経が安定し、疲労も取れて病気にかかりにくいものです。成長途上にある子どもは、大人に比べて身体の調節をする自律神経が不安定です。そのため、生活リズムが乱れると、身体症状などに色々な影響が出てきます。

寝る子は育つ

子どもにとって大切な成長ホルモンは、眠りに入って1~2時間頃が分泌のピークで、1日分の分泌量の大部分がその時間帯に出ています快い眠りが成長ホルモンの分泌を促すことにつながります。遅くても夜9時には寝るようにしましょう。
生活リズムの乱れを直すには早寝早起きの習慣をつける→まず「早起き」を心掛けましょう。

  • 朝は一定時間にカーテンや窓を開けて新鮮な空気を入れ替えましょう。
  • 水で顔を洗ったり、戸外に出て散歩や深呼吸をするのもいい方法です。
  • 早起きができると自然に早寝できます。
  • 家族揃って朝ごはんを食べるようにしましょう。
  • 昼間の運動量を多くする→寝入りがよく、ぐっすりと眠ることができます。
    園でも運動遊びや散歩を多く取り入れています。
  • 買い物や登降園の時や休日など、楽しみながらたくさん歩く経験をさせましょう。

プールも終わり、運動遊びが増えてきます!

☆動きやすい服装で、汗をかいた時の為に着替えを多めに用意して下さい。

☆爪が伸びていると危険です。曜日を決め、切ってあげましょう。虫刺されをかきこわすことのないように。9月はとびひが一番多い時期です。

☆毎日入浴し、早寝・早起きを心がけましょう。
朝起きるのが遅く、体が十分目覚めないうちに活動に入ると、怪我をするもとです。

9月9日は救急の日です!

この機会にご自宅にある救急箱を点検してみてはいかがでしょうか?消毒薬や軟膏などの使用期限は大丈夫ですか?
体温計・滅菌ガーゼ・絆創膏・消毒薬・かゆみ止めの軟膏・包帯・ピンセット・とげ抜き・ハサミなどは揃っていますか?
衛生的に保管されていますか?子どもの手の届かないところで、すぐに取り出せる場所に置いてありますか?
1年に1回見直してみてください!

また1月は他に「防災の日」「交通安全週間」など、安全や命に関する行事も多くありますのでこの機会にご家庭でも話し合ってみてください。