給食

11月を迎えて

肌寒い日が続いていますが、みなさん体調はいかがですか?温かいものを食べて、いっぱい遊んで、ぐっすり眠って、風邪に負けない体を作りましょう!

【11月の献立】

今月は旬の山芋、きのこ、さつま芋、じゃがいも、かぼちゃ、青梗菜、里芋、れんこんをたくさん使った献立です。
食物繊維が豊富な食材が多いですね。食物繊維は不足しがちなので、積極的に摂って腸内環境を整えましょう。
今月の郷土料理は、そぼろ納豆ごはん(茨城)、ちゃんちゃん焼き(北海道)、いとこ煮(新潟・富山・石川)、ざくざく汁(福島)、ふくれ菓子(鹿児島)です。
新メニューに山芋の天ぷらが登場します。

いとこ煮は、各地に伝わる郷土料理の一つで小豆などを煮た煮物料理です。北陸地方(新潟・富山・石川)のもの、奈良県のもの、山口県萩市周辺に伝わるものが知られています。
材料を煮えにくいものから追々入れていくことから、「おいおい」を「甥甥」すなわち、いとこにかけたものが 語源の一つといわれています。
保育園の給食では北陸地方のいとこ煮を味わいます。

●お箸の話●

きりん組さん、ぞう組さんに向けて箸の持ち方の話をしました。
きりん組さんにはまずお箸を1本持って三指(親指・人差し指・中指)をつかった鉛筆持ちの練習からしてもらいました。
指先の発達は個々に違います。ぬり絵など手先を使った遊びも指先の発達を促します。保育園では個別にスプーンの持ち方などを見て、その子のペースに合わせて箸に移行していきます。一度変な癖がついてしまうと直すのも大変です。
お家でもスプーンやお箸の持ち方を意識してみてあげてください。
ぞう組さんには、お箸のマナーについても話しました。

お知らせ

●16日(金)に、やきいも会があります。
うさぎ組と幼児クラスに、さつま芋を洗ってもらい、炭火でじっくり焼き上げます。
出来立てホヤホヤのやきいもを地域の方も招いて楽しみます。

●ぞう組さんクッキング(6・20日)
最初にお米ができるまでの話をして、子ども達が米研ぎをします。
その後、研いだお米で、おやつのおにぎりクッキングをします。
自分たちで一生懸命研いだお米はきっと美味しいでしょう。

先月のクッキングから…

10月に幼児クラスでスイートポテトのクッキングを行いました。
なかよしグループの仲間と一緒に順番にさつま芋をマッシャーでつぶして、丸めていきます。
丸める作業では、ぽろぽろくずれて「できないー」と言いながらも、乳児クラスの分も一生懸命作ってくれました!おやつの時間は「美味しいー!」「おかわりいっぱいしたよー!」と大人気でした。
お家でも簡単に出来ますので、旬のさつまいもを使ってぜひ子どもたちと一緒に作ってみてはどうですか?

★保育園の人気メニュー★ スィートポテト 大人2人 子ども2人分

―材料―

  • さつま芋 360g
  • 砂糖 12g
  • 牛乳または豆乳 45g 
  1. さつま芋の皮をきれいにむき、ぶつ切りにしたら鍋で茹でます。
  2. 火が通り柔らかくなったら、マッシャ―でつぶして砂糖、牛乳(または豆乳)を加えてよく混ぜます。
  3. 楕円型に丸めたら、オーブン(200℃)で8分焼いて出来上がりです!

※牛乳、豆乳のかわりに生クリームを使っても美味しいですよ。

11月のある日の献立

11月7・21日
昼食
鮭のちゃんちゃん焼き(北海道)

11月14・28日
昼食
青梗菜とわかめのスープ

11月2・16・30日
おやつ
ツナマヨパン

献立表

18年11月献立

大きく表示するにはこちら >>

これまでの「献立」
2018/102018/092018/072018/062018/052018/032018/022018/012017/122017/112017/102017/092017/072017/052017/042017/032017/022016/122016/112016/102016/092016/072016/062016/052016/04